IT

Angular(Ionic)でStripeでクレカ決済を導入する

目的

Angular(Ionic)でStripeでクレカ決済を導入するにあたり、ソフト側の設定方法をまとめる。AndroidのPlay Storeでの設定方法は下記参照。

概要、考え方

・クライアント側とサーバ側で処理が必要になる。

Stripeのダッシュボードにいくと、公開キーと秘密キーが得られる。

支払いを完了するさい、まずはサーバ側で支払い情報を作っておく。curlでとりあえずはいける。

curl https://api.stripe.com/v1/payment_intents \
  -u sk_test_秘密キー \
  -d amount=100 \
  -d currency=jpy

そうすると、返り値に下記が得られる。

ここにあるClient_Secretと言うものがあるのでこれを使って、ConfirmPaymentメソッドで支払いをクライアントを行う。

https://stripe.com/docs/js/payment_intents/confirm_card_payment

ABOUT ME
Faust
1980年代生まれで東京都府中市育ち。大学は物理化学専攻してメーカへ。 Engineer of Python, Angular. Analyzing data and building app at Awesome Rainbows LCC. #SDGs #Python

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA