IT

Ionic(Anugular)のよく使うコマンドについてまとめました

よく使うIonicのコマンドをまとめました。

プロジェクトをビルドする(ionic build)

作成したプロジェクトをビルドするときに使います

ionic build [options]
ionic build #開発用にビルドするならこれ
ionic build --prod #本番用にビルドするならこれ

angular cliを内部的に呼び出しているとのことです。

https://ionicframework.com/docs/cli/commands/build

動作を確認する(ionic serve)

ionic serve 

ローカルPCにて開発用のWebサーバを立ち上げて動作検証します。開発中はずっと動作させておくと、プロジェクトを変更するたびに自動で動作検証してくれます。うまくいったら先のbuildを実行します。

デフォルトでは、ionic serveはlocalhost上の開発サーバー8100ポートで起動します。例えば会社内で他のPCから見られるようにするためには、-externalオプションを指定します。これによりアプリが提供されている外部アドレスが出力されるので、開発PCのIPに8100番でアクセスすればいいです。

プロジェクトに部品を追加する

プロジェクトにpagecomponentdirectiveserviceなどを追加します。

ionic generate <type> <name> [options]

それぞれこんな感じ

#ページを作る
ionic generate page
#コンポーネントをつくる
ionic generate component footer
#ディレクティブをつくる
ionic generate directive somedirective
#サービスをつくる
ionic generate service someservice

構成を見る

ionic info

環境がこんな感じで出力されます

Ionic:

   Ionic CLI : 6.4.1

Utility:

   cordova-res (update available: 0.14.0) : 0.9.0
   native-run (update available: 1.0.0)   : 0.2.9

System:

   NodeJS : v12.10.0
   npm    : 6.14.2
   OS     : macOS Mojave

その他

ドキュメントを開く

ionic docs

プロジェクトを新規に作成する

ionic stgart

参考文献

https://ionicframework.com/docs/cli/

その他

IonicをAngularで使って、写真から文字情報を抽出して爆速でレポートや記事を作成するアプリを作成しています。無料なのでよかったらどうぞ。

iOS => https://apps.apple.com/app/id1497498494
Android => https://play.google.com/store/apps/details?id=com.rainbowsv2.ocr

ABOUT ME
Faust
1980年代生まれで東京都府中市育ち。大学は物理化学専攻してメーカへ。 Engineer of Python, Angular. Analyzing data and building app at Awesome Rainbows LCC. #SDGs #Python

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA