IT

(Google Cloud Platform)CloudFunctionsとAppEngineどちらにするか

外貨預金としてFXを使用していますが、自動売買のようなものをやってみたくなりました。でもFXは外貨預金として始めたものだし、FXのギャンブル性に危険が怖くもあるので、外貨預金用の口座と自動売買用の口座を別に持つことにしました。

外貨預金用はSBIを使っています(アフィリエイトはやってませんが)

https://www.sbifxt.co.jp/

で、お小遣いを入れるのはOanda。こちらは3年前の口座を復活させました。

https://www.oanda.jp/

余談ですが、SBIFXは大変使いやすいです。外貨預金用としては非常にいいです。ただ、APIを提供していないです。というか、APIを提供しているのはOandaだけなんですよね。。カスタマーサポートは悪いし、スワップポイント低いしで以前愛想つかしたのですが、まぁAPIを提供しているのはここだけなのでしょうがないですね。

SBIFXは預金用です。売買は基本しません。超長期保有です。Oandaはお小遣い、遊びという位置付けです。自由にやります。昨日、名古屋の丸善でこんな本を買いました。おもしろかったです。これを実現するようなソフトを作成することにしました。

どうやってソフトを作ろうかという話で、最初はRasberryPi4にしようとおもったんですよね。メモリも4Gbあるので、これをローカルで動かして、為替データを取得して、グラフ化するというのはどうかというわけです。これは2018年に仮想通貨で使った手法なので簡単にできるのですが、なんか以前と同じ方法というのはつまらないと思いました。

そこで、今回はGoogleCloudPlatformとWebを使って同じことができないかと考えました。

GoogleCloudPlatformで行うことは2つです。

1。為替APIを使って定常的にデータベースへ保存する

2。保存したデータを取得するAPIをさらに自作する

そのうえで、

3。自作APIでデータを扱えるWebアプリを作成します。

で、GoogleCloudPlatformで上記を実現するのにGoogleAppEngineとGoogleCloudFunctionsのどちらがいいか迷いました。先日作成したアプリではGoogleCloudFunctionsを使っているのですが、GoogleAppEngineのほうがメジャーですし、別にGoogleCloudFunctionsで不満はないのですが使いやすいのかなと。。でちょっと調べてみたんですけど、そもそも値段が違うんですよね。GoogleCloudFunctionsは一つの関数しか割り当てられない代わりにものすごくやすい。200万回の呼び出しは無料で、次の200万回で1ドル程度の料金です。驚きの安さである一方、GoogleAppEngineは驚きの高さなんですよね。。一番安いプランでも月に7ドルかかってしまいます。一つの関数しか割り当てられないGoogleCloudFunctionsと比べて使い勝手はよさそうだけど、あまり使いこなせるのかと。。

https://cloud.google.com/appengine/pricing?hl=ja

AppEngineは時間に対して料金がかかります。アイオワのサーバでインスタンスを作成した場合、1時間あたり0.01ドルなので、月に7ドル程度はかかってしまいます。

CloudFunctionsの場合

https://cloud.google.com/functions/pricing

こちらの場合は、回数に対して費用が発生します。最初の200万回が無料ということなので、よっぽどアクセスを集められる以外はCloudFunctionsのほうがよさそうです。

ただ、CloudFunctionsの場合は一つの関数しかアップできないのであまり使い勝手はよくないかもしれません。まぁ、CloudFunctionsで初めてみてからの移行にしようかな。。

ABOUT ME
Faust
1980年代生まれで東京都府中市育ち。大学は物理化学専攻してメーカへ。 Engineer of Python, Angular. Analyzing data and building app at Awesome Rainbows LCC. #SDGs #Python

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA