CordovaでjavaScriptを1行ずつデバッグする

Chrome Remote Web Inspector によるデバッグがよさそう。
参考にしたサイトはこちら。

https://mobilefirstplatform.ibmcloud.com/tutorials/ja/foundation/8.0/application-development/debugging-applications/#debugging-with-chrome-remote-web-inspector

半日ほど迷った。ポイントは、アンドロイドの端末で「usbデバッグを有効化」することと、アプリ側にもやり取りを許可するためのソースを埋め込まないといけないこと。ソースはJavascriptではなくて、Javaなので、どこに書くか迷った。結局追加プラグインのファイルにJavaのファイルがあったので、そこに張り付けた。

if(Build.VERSION.SDK_INT >= Build.VERSION_CODES.KITKAT){ WebView.setWebContentsDebuggingEnabled(true); }

一度実行されたらchromeとの接続には支障がないとのことで、プラグイン呼び出しのメインの関数のなかに記載した。なお、JAVAのファイルの中でパッケージをインストールする必要があるので、そのファイルの上のほうで下記コードも書き加えた。

import android.os.Build;import android.util.Log;import android.content.pm.ApplicationInfo;import android.webkit.WebView;

import android.util.Log;import android.content.pm.ApplicationInfo;import android.webkit.WebView;

書き加えたのはcordova-plugin-admobproプラグインのなかの
AdMobPlugin.javaというファイルで、

@Override protected void pluginInitialize() { super.pluginInitialize(); // TODO: any init code }という部分を

@Override protected void pluginInitialize() { super.pluginInitialize(); if(Build.VERSION.SDK_INT >= Build.VERSION_CODES.KITKAT){ WebView.setWebContentsDebuggingEnabled(true); }; // TODO: any init code }と書き換えた



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です