バラ十字会「テンプル第2段」答案を提出しました

3か月に一度やってくるバラ十字会の答案提出。仕事が明日から始めるため、午前中にテンプル第2段の答案を作成しました!

バラ十字会についてはこちら。HPいわく、「神秘主義と人生哲学の世界最大の非営利・非宗教の教育友愛組織」です。

会員になったのが2017年の春先で、そろそろ丸々2年が過ぎようとしています。
毎月教本が4冊届くので、それを週に1日ずつ勉強し、3か月で一区切り⇒答案提出、という流れです。
地域によって異なりますが、定期的な集会もあるのでそれもたのしみですね。

・幅広く学べる
・会員の方との交流ができる
・価値観の押し付けがない

というのが続けられた点かなと思います。

幅広くなにを学ぶかというと、書店でいうと宗教、ヨガ、スピリチュアル、精神世界の棚に並んでいる内容です。バラ十字会独特の言い回しを使っていますが、内容としてはそれに近いかな。体系的にまとめられている点、なぜこんなにきれいにまとまっているのかかなりびっくりです。

会員の方との交流については、規模によって名前、頻度などが異なります。名古屋ですと人数が5人から10人程度なので、隔月で、アトリウムという名前が冠されています。東京のほうだとロッジというようですね。ふらっと外国の薔薇十字会員の方がいらっしゃったこともありました。会員であれば、全世界どの集会でも参加をしていいようです。考えていることをなんでも話せる貴重な場です。

価値観の押し付けがないということについては、非宗教とうたっているなかで意見や立場の分かれる話題について話すこともあって、かなり注意深い言い回しがされています。バラ十字会ではこう考えていますが、あなたがどう思うかは自由です、という感じですね。ケンウィルバーの組織論を当てはめると、ティール組織だと思います。かなり、居心地はいいですね。

これからも続けていければいいなと思っています。
とりあえず答案作成できてよかった。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です