未分類

Pythonのdatetimeモジュールでよく使うものをまとめた

  • English (United States)
  • 日本語

動作環境はWindows10 64bitでPython3.6.5(Anaconda3.5.1-0)。

 

[python]
from datetime import datetime
from datetime import timedelta

#現在の時刻
print(datetime.now())

#現在の月
print(datetime.now().month)

#文字列から日付の変換
print(datetime.strptime("2018/1/01 12:10:30","%Y/%m/%d %H:%M:%S"))

#現在のタイムスタンプ
print(datetime.now().timestamp())

#タイムスタンプから時刻へ変換
print(datetime.fromtimestamp(1534423027.1))

#現在の時刻から指定秒さかのぼる
print(datetime.now()-timedelta(seconds=1000))
[/python]

結構ファイルの時刻と比較することが多い。
その場合、
os.stat(filename).st_mtimeでタイムスタンプを取得してなにかする

 

こちらを今まで見ることが多かったので、リンク張っておきます

https://note.nkmk.me/python-datetime-usage/

ABOUT ME
Masaya
テラプログラミングとは造語です。テラ=地球・陸地といった意味があるので、思い描いた理想をプログラミングで実現する=テラプログラミングと名付けています。 1987年生まれです。 職業はメーカでエンジニアをしており、それはそれで好きなのですが、好奇心と探求心、それと本当はコンプレックスのせいもあったのかもしれませんが、瞑想や心理学、いわゆる”スピリチュアル系”方面が昔から大好きです。